恋愛の歴史と誤解 LOVEの精神と軍国思想

今回は恋愛についての誤解と歴史をなるべく簡単に話します。

ツイッター上で非モテ男性とこんな会話をしました。

非モテ男性 : 自由恋愛風潮において、非モテ男性はなぜ苦しむのか?それは自由恋愛で女と結婚できる男は「金がある権力がある顔がいい」の3セットだから。 厳しいことを言うと、いわゆる弱者男性は「金ない権力ない顔よくない」の3セットだろう

 

大村 : 自由恋愛はね、恋愛なんだよ、恋愛。金・権力・顔じゃない。もしそうだったら「自由金権力顔」だろ。あるいは自由売春かな? なぜその基本のところが理解できない? だから日本はこんなに未婚童貞が増えてしまった。

 

非モテ男性 : 「自由恋愛は金•権力•顔じゃない」は言葉遊びでしかない。男にとって金•権力•顔がなければ恋愛のスタートに立つことすらできないというのが自由恋愛だ。

非モテ男性 : 自由恋愛風潮において、非モテ男性はなぜ苦しむのか?それは自由恋愛で女と結婚できる男は「金がある権力がある顔がいい」の3セットだから。 厳しいことを言うと、いわゆる弱者男性は「金ない権力ない顔よくない」の3セットだろう

大村 : 自由恋愛はね、恋愛なんだよ、恋愛。金・権力・顔じゃない。もしそうだったら「自由金権力顔」だろ。あるいは自由売春かな? なぜその基本のところが理解できない? だから日本はこんなに未婚童貞が増えてしまった。

非モテ男性 : 「自由恋愛は金•権力•顔じゃない」は言葉遊びでしかない。男にとって金•権力•顔がなければ恋愛のスタートに立つことすらできないというのが自由恋愛だ。

どうやら僕と非モテ男性との間では恋愛の解釈で大きなギャップがあるようです。このギャップを掘り下げます。

そもそも恋愛とは何か?繰り返しになりますが、 江戸時代まで男女の恋愛は「色恋」と呼ばれていました。明治になって英語のLOVEを日本に持ち込もうとしましたが、英語のLOVEは「色恋」ではなかったので「恋愛」という言葉を作りました。こちらの文献を読むと「恋愛」の本来の意味が理解できます

  1. 恋愛は伝統的な性愛習俗とは異なり、精神的交流を本意とする。
  2. 恋愛は両性間の人格の尊重、男女の人間的平等によって成立する。
  3. 恋愛は婚姻の前提となる。

<恋愛の発見〉の諸相

恋愛とは、色恋よりも精神性を重視しているということです。ただ、このあたりの誤解については某非モテ男性だけに限らず、日本全体に当てはまります。日本がまだバブルだった頃、カップルがクリスマスイブですることと言えば、おしゃれなレストランでディナーを食べて、女性にクリスマス・プレゼントをあげてシティホテルに泊まってセックスをすることでした。クリスマスイブとは、もともとキリストの生誕を祝いながら家族の愛を確認する行事だったはずなのに、なぜか日本のクリスマスイブは男性が女性に自分の財力を見せてセックスを手に入れる儀式になってしまった。これは一体なぜなのか? いくら恋愛という新しい言葉を開発しても、結局は色恋から卒業できなかったからでしょうか? 

 

Sex and Chicken Make Christmas in Japan 日本のクリスマスはセックスとチキン

Most foreigners leave Japan for Christmas, travelling home for some authentic celebration, or south to escape the holiday entirely on some lovely tropical isle. It's understandable, the need to flee something that looks just enough like Christmas to evoke nostalgia but is just enough unlike Christmas to seem, at heart, distressingly alien.

ほとんどの外国人はクリスマスに日本を離れる。日本のクリスマスはノスタルジックな気持ちを呼び起こすほどにはクリスマスだけれど、よくよく見れば悲しくなるほど違うものなので、外国人は逃げたくなってしまうのだ。


この誤解はいったいどこから来たのか? まず第一に軍国主義。次にテレビの洗脳です。なぜ軍国主義なのかと言えば、日本の恋愛史において自由恋愛主義を否定したのが軍国主義だったからです。明治時代は文明開化の時代です。欧米の文化が輸入され、日本の文化が否定されました。

明治二十年代には、この「恋愛は神聖」の声は、一大合唱のようなものだったらしい。(p.28)

 (‥‥)恋愛は「神聖なものですよ」という西欧的な声に圧迫されて、日本の「恋」 を捨て、「恋愛」とは何かを問い、かつ混乱するところから、日本の近代文学は始ま っている(p.27)

日本近代における「恋愛輸入説」 加藤 隆

しかし明治は軍国主義の時代でもありました。知識層は欧米的な自由主義を歓迎しましたが、軍国主義がそれをつぶそうとした。その代表的な例が甘粕事件です。アナキストで自由恋愛主義者の大杉栄と、その内縁の妻で自由恋愛の神様と呼ばれた伊藤野枝を憲兵の甘粕(のちの満映理事長)が関東大震災のどさくさにまぎれて殺してしまいます。

 

美は乱調にあり

 

敗戦とともに軍国思想が消滅したというのは大きな誤解で、実は現代にも生きています。非モテ・オタク男性の多くが心の中に軍国思想を秘めていると言って良いでしょう。宇宙戦艦ヤマト、ガンダム、エヴァンゲリオンなどなど、人気アニメのほとんどが戦争モチーフです。あの宮崎駿すらミリタリーオタクだと聞くと、トトロファンの女性は驚くかもしれません。

 

宮崎駿のミリ趣味

 

もちろん、アニメファンのすべてが軍国主義者などということはありません。一部です。一部ではありますが、軍国主義の復活こそ女性を手に入れる唯一の手段だと考える人たちがいます。

 

女性の権利を制限すべしという意見

 

で、このままだと議論がすれ違います。 結局、なんらかの形で強制力をもたせ、つまり性的自己決定権を制限するのかしないのか、そこがポイントです。 制限しなければ少子化も進むし国防力も低下します。 制限すれば、日本は存続しますが、自由は後退します。 これはどちらかをとるしかないお話です。

彼が言う「性的自己決定権」の意味は、女性が異性を選ぶ自由や子供を作る作らないの自由のことです。つまり、女性の権利を制限して強制的に結婚させ、子供を作らせなければ国が滅ぶと言っているのです。

 

次にテレビによる洗脳ですが、まず洗脳を詳しく研究しているのは軍事組織です。ナチスのプロパガンダは有名ですね。そして映像には洗脳効果があることが軍の研究でわかりました。バブル期にテレビ界を席捲(せっけん)したトレンディー・ドラマはまさに恋愛=金・権力・顔でしょう。この洗脳効果は一般に考えられているよりも大きいものです。余談ですが、大杉栄と伊藤野枝を殺した甘粕が満映理事長になり、満映が電通になり、テレビを支配したという流れは奇妙な因縁を感じます。自由恋愛主義者を殺した軍国主義者がプロパガンダ組織を作り、その組織が現代になって今度は軍国オタクを苦しめている。これこそまさにカルマの法則です。

 

ホイチョイ3部作

 

では愛とは何か? その正しいイメージを提示することがこの「愛の新世界」の使命なのですが、今回は恋愛が少なくともお金ではないことをお話しします。スタイリスティックスの1970年代ヒット曲に「愛がすべて」という曲がありますので、歌詞に注目して聞いてください。

 

 

「僕はお金がない。だけど代わりにありったけの愛をあげるよ」と歌っていますね。この曲からわかることは、英語のLOVEは金•権力•顔とは全く別のものだということです。バブル時代は日本でもたくさんのラブソングが作られ、こちらのページでは歴代ヒットソングの歌詞を分析しています。当時は「恋・心・愛・夢」などのワードが人気でしたが、バブル期を生きた自分には「お金はないけど愛をあげる」と歌っている曲は聞いた記憶がありません。つまりこういうことです。

  1. 欧米人の認識 LOVE ≠ お金
  2. 日本人の認識 恋愛 = お金

日本人の恋愛観は間違っています。そしてその間違った認識があるからバブル期は恋愛ができたけれど、経済力が落ちると恋愛ができなくなってしまったのです。しかしスタイリスティックスが歌っているように、本来の恋愛はお金とは全くの別のものです。お金がなくても与えられる、いや、お金がないからこそ与えるべきものが愛なのです。

今回の話をまとめます。

  1. 恋愛はLOVEの翻訳で精神性を重視
  2. 自由恋愛と軍国主義の対立
  3. 戦後はテレビの洗脳が強い
  4. お金がないからこそ与えるべきものが愛

 

Add new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
Image CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.